あの星から見える、うちの明かり

148mm×148mm 72p

[星][家族][日常]をテーマにした詩集。
なつかしいようで、切なく、でもあたたかい。
絵はうらべゆりさん。

一番人気の詩集です。


「あの星から見える、うちの明かり」(序詩)

あの星から
うちの明かりは見えるだろうか
見えているなら それは
いつの明かりなんだろう

わたしのうちが見えるあの星あたりに
わたしの帰れるところ
たいせつなひとが集まっているところ
そんなのがありそうだな、と
ときどき思って
あの星を、ながめている

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料164円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。